読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路男の俺流「漫画のネタバレ感想」を書いてみました。

超個人的な意見です。私が好きな漫画を好きな人だけに勝手にご紹介します♪

週刊少年マガジン連載中!「あひるの空」ネタバレ・感想を書いてみました。

スポーツ バスケ

 

今回ご紹介するのは、
いま連載中の漫画で一番好きな
漫画といっても過言ではありません。
 

あひるの空」です

f:id:kazu20150512:20170213190941j:plain

 
 
現在も週刊少年マガジンで連載中の
バスケットボール漫画です。
2016年8月17日現在は45巻まで発売中です。
 
 
あひるの空を知らない方へ簡単にご紹介すると
主人公の車谷空は身長149cmのバスケットボール少年。
 
物語は神奈川県の川崎市が舞台となり、
スポーツ弱小高というよりヤンキー高校を舞台に
主人公の躍進とその成長過程が描かれている物語です。
 

魅力は何?

 

あひるの空の魅力は・・・

何といっても全てがリアルで等身大で書かれていることかなとお思います。

 

f:id:kazu20150512:20170214192355j:plain

 
バスケットボール部を取り巻きながら部員同士の不和、部員と指導者の軋轢
部員の退部、いじめなど部活動で誰にでも起こりうる事を取り上げられている。
 
さらに高校生ならではの恋愛や成長過程での人間の心情の描写など、
そして両親の別居、離婚、貧困、他界など家庭の問題なども詳細に描かれています。
 
あひるの空を読んでいいると
自分も高校生に戻った感覚でついつい思い入れをしてしまいます。
 
キャラクターの設定も非常に個性的で
主人公の空もそうですが、九頭龍高校(主人公の学校)の
バスケット部員がバラエティに飛んでいて、
 
本当にこれはギャグマンガなのかwと
思うほどに笑わせてくれます。
 
個人的には千秋が一番好きです。
私以外にも千秋ファンは多いと思います
 
 

f:id:kazu20150512:20170214192349j:plain

 
 
あひるの空で個人的に一番好きな部分は
先ほども書きましたが
 
思春期の少年少女に起こる心の描写が
非常に繊細であるところと
 
バスケットボールに関しても
非常にリアルであることです。
 
突拍子もない技が出るわけでなく
本当にバスケットをしていた人が
 
リアリティを追求していて
現実離れしていないところです。
 
 

f:id:kazu20150512:20170214192405j:plain

 
 
バスケットボールの漫画としては、
いろいろと名作がありますが
 
私が知る限りの名作の中でも
一番現実的な描き方をしていると思います。
 
奇跡的にバスケットボールの弱小校に
凄いメンバーがそろうのですが、
 
それでもそう簡単には勝てない。
主人公と同じ学校の天才的なプレーヤーも
それ以上のすごい選手とどんどん出会う。
 

f:id:kazu20150512:20170214192400j:plain

 
 
自分とチームの負けを認め
挫折から這い上がっていく、
 
単に弱小校に一人のスターが登場して
強くなる漫画ではなく、
 
誰もが今いる人との一瞬を出会いを
奇跡ととらえて自分も人に活かされていることを知る事。
 
 
大人と子供の境目の高校生だからこそ感じる心理的
描写が非常にみていて歯がゆさとワクワク感を演出してくれます。
 
 
私自身も高校時代にサッカーをしていたいので
非常にわかります。
 
先輩たちとの生活や最後のインターハイにかける
思いなどはあの時あの時代にしか味わえなかったことです。
 
今は大人になって子供もいる身ですが、
あひるの空を読んでいる時は
 
高校生の時に部活に燃えていた時を
思い出させてくれます。
 
マガジンでも毎週連載しているので見ていますが、
個人的にはまとめてまた途中からまとめてみることも
多々あります。
 
まだ読んだことがない人も
ぜひ一巻から読んで欲しい名作だと思います。
 
そしてあひるの空にファンは気が付いていると思いますが
着実に終わりが見えてきました。
 
個人的にはまだまだ続いて欲しいなと思いますが
最後はどんな結末を迎えるのか楽しみです。
 
また書きますね。